TOPICS

HOME > トピックス > Capanni

Capanni

 

Capanni社はルネッサンス発祥の地、フィレンツェで誕生しました。

会社の起源は、Franco Capanni,

(フランコカパニ)がフィレンツェの丘にある自宅の下層階に小さな工房を始めた1930年代に遡ります。

当初、製品の生産には、工房に隣接して流れる川の流れによって操作された様々な種類の家具用の機械を使用していました。
1960年代半ばには、彼の息子のアンドレアとモレノが工房に加わりました。

2人の息子たちは、オリジナルで洗練されたスタイルのオブジェクトや照明をデザイン、
作成し始めました。それらの作品は世界中に広がり、父親のビジネスを劇的に変えていきました。

 

主に、家具、ホームアクセサリー、照明器具を生産しています。
ベテランの職人達が生産に携わり高級な手芸品を生みだしています。

工場の職人は、高級な手工芸品を生産しており、2世代以上にわたって木を彫っています。
古い木を手に入れるには、取り壊された古い家の古代の梁が使用されます。

 

制作される作品は古典的なタッチでありながら、

オリジナルで洗練されたデザイン、歴史を感じさせる木材を使用しています。
Capanni社手作りの作品は、古代の建造物から回収された梁など、

何世紀も昔の無垢材を使用して作られています。

 

アンティークの木材に加えて、イタリアの真鍮、ガラス、

セラミックなどもデザインの重要なエッセンスとなっています。

 

【木材】

数世紀にも及ぶ樹齢のポプラの樹を使用して各アイテムは製造されています。

ポプラ材は 「モナリザ(レオナルド・ダビンチ)」の絵が直接描かれた木材でもあります。

 

 

Capanni社の製品は、主に70%がハンドメイドで作られ、

30%は数値制御されたハイテク機が用いられています。

そしてほとんどの製品の仕上げには

イタリア産の蜜蝋を使った、蜜蝋塗装仕上げが表面に施されています。

蜜蝋とは、高級天然木材へ施す塗装の事です。
表面に被膜をつくり、適度な艶と防腐の作用を発揮します。
また蜜蝋の語源はミツバチの巣から採取される蜜蝋に由来し、

その歴史は古代エジプト時代にまで遡るとされています。

Capanni社の製品は、イタリアの品質、情熱、伝統を大切にしています。

2世代にわたる制作活動と情熱によりCapanni社は木工制作における第一人者となり
世界中の様々な国でコラボレーションされています。

 

Capanni社の商品はメゾンドマルシェ各店で取り扱い中です。

 

神戸 家具

「ワインキャビネット」
W53×D32×H140
¥176,000(込)

 

「マガジンラック」
230-2220
W70×D25×60 H
¥75,900(込)

時計
220-4572
W12×D14×H23
¥46,200(込)

ドイツ製ムーブメント使用

 

クッキングキャビネット
300-6220
W96×D57×H148
¥374,000(込)

SHOP
ショップ一覧