TOPICS

HOME > トピックス > ポーランドの食器「ポーリッシュポタリー」

ポーランドの食器「ポーリッシュポタリー」

豊かな自然と綺麗な街並みが印象的なポーランド。
そこで作られる陶器はポーリッシュポタリーと
呼ばれています。

丸くてほっこりするフォルムと
民族的な絵柄が可愛く注目されています。
プレートやボウル、マグカップなどぽってりした
形に癒されます。

 

【ポーランドって?】

国名はポーランド語でポルスカと言い、この国の起源である部族の名をとったポラン族の国と言う意味があります。ロシア、ウクライナ、チェコ、ドイツに囲まれた西欧と東欧の文化が合わさった国です。

 

首都はワルシャワで第二次世界大戦で廃墟と化しましたが市民の尽力により以前の姿へと復元されました。

 

負の世界遺産であるアウシュビッツ強制収容所を抱え
冷戦時にはソ連による社会主義国でした。そのため、暗いイメージもありますが、現在は色とりどりの街並みと可愛い雑貨などが注目され人気の観光地となっています。

 

【ポーリッシュポタリーの歴史】

ポーランドの食器の歴史は古く16世紀から17世紀初めに始まったとされています。
ボレスワヴィエツという街の近くでは陶器に適した良質な土に恵まれ次第に陶士たちが集まりその品質を高め合い、盛んになりました。
18世紀の中盤にはポーリッシュポタリーの価値はヨーロッパで広く認められました。ボレスワヴィエツの街には今も多くの窯元と店が並び街の至る所にポーランド食器が飾られています。

ポーリッシュポタリーの製造方法

 

ポーランド食器の絵付けはそれぞれの窯元のデザイナーが

ひとつひとつ手作業で行っています。

ポーリッシュポタリーの特徴のひとつである

海綿スポンジを使ったスタンプによる絵付けの方法は独特です。

全て職人の手作業で行っているため、手作りならではの不揃いさが出て

世界にただ一つ自分だけのものに巡り合う楽しみがあります。

筆を使い描く模様もありますが、

ほとんどのデザインがカラフルなスタンプを押して作られています。

普段使いにもおもてなしにも

見た目にも可愛いポーランドの食器。
それだけではなく、実はとても丈夫で

食器洗いや電子レンジ、オーブンにも対応している
優れもの
なんです。

安全面でもEUの基準をクリアしており、

もちろん日本の厳しい基準もクリア。
有害な物質を使用していないため安心して利用出来ます。
普段使いの食器として、またおもてなしにも華やかさをプラスしてくれるでしょう。

コロンとした形とスタンプで描かれた模様が愛らしく
どこかほっこり感じるポーリッシュポタリーを
毎日の暮らしの中に取り入れてみませんか?

 

ポーリッシュポタリーは、メゾン・ド・マルシェ各店にて

展示販売中です。ぜひご来店下さいませ。

SHOP
ショップ一覧