TOPICS

HOME > トピックス > あなたの知らないカブリオールレッグの世界

あなたの知らないカブリオールレッグの世界

「カブリオールレッグ」と聞いてピンと来ない方も多いのではないでしょうか?
「Cabriole legs」(英語)とは、テーブルや椅子などの家具の脚の下部を
内側に向けて湾曲させたデザインのこと。四足動物哺乳類の脚、
特に有蹄動物の脚をまねたデザインを元としています。
曲線が美しい綺麗な形。椅子やチェスト、コンソールにバスタブまで、
ありとあらゆるアンティーク家具に見受けられる特徴的なものです。俗に言う「猫脚」ですね。
日本では猫脚と呼ばれますがその脚先のデザインは様々。
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
カブリオール(カプリオール)はフランス語のバレエ専門用語で“山羊のジャンプ”という意味。
カブリオールの語源はイタリア語のカブリオーラ(雌鹿の跳躍)が由来であると言われていて
17世紀頃のフランス家具には既にこの原型が存在していたとされています。
ヨーロッパではバロック・ルネサンス時代に、アカンサスをモチーフとした
唐草文様の装飾が流行し、そして生命力をイメージさせる天に向かって伸びる
螺旋のデザインがルイ13世時代の家具デザインに好んで用いられています。
ルイ14世の時代にはアカンサスを縦に引き延ばした波形が流行し、
その造形が猫足のルーツとされています。
ルイ15世の時代になると猫足はより優美に洗練され、
椅子以外にもクローゼットやテーブルなどの脚部に盛んに取り入られています。
19世紀後半には猫足のバスタブ(Clawfoot bathtub)が
アメリカを中心に普及しました。
イギリスのアン女王(1702~1714)の頃、ロココ文化が華やかになった頃に
大流行した猫脚ですが実はこの「猫脚」のデザイン自体は、
もともとは中国の家具の様式であったそうです。
それが西洋に伝わったもので、中国家具では
一般的なデザインのようで西洋に伝わった時は
「シノワズリ」という名前で中国の美術様式全体を差し、流行しました。
「猫脚」と一言でいってもいろんな国や時代で変化し、
洗練された奥の深いデザインですよね。
そんなクラシック家具には無くてはならない
カブリオールレッグのアイテムは、
もちろん!メゾン・ド・マルシェ全店で展示販売中です!!
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
店内であなたのお気に入りの
猫脚を探してみては、いかがでしょうか?
ぜひ一度、気品溢れるカブリオールレッグを
ご覧に御来店くださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

SHOP
ショップ一覧