TOPICS

HOME > トピックス > 『クラシックスタイルカーテン』

『クラシックスタイルカーテン』

お部屋の中でカーテンや壁紙は面積も大きくインテリアの印象を左右します。
インテリアの印象を決めるとても大切なポイントとなります。

今回は、クラシックスタイルカーテン中でも人気の高い、
バランス(上飾り)とレースの様々なスタイルについてご紹介します。

元々クラシックなスタイルカーテンは貴族の優雅で華やかなライフスタイルを
インテリアに反映したものです。

それなりのグレード感ありを演出するためには
例えば、ドレープカーテンの生地はたっぷりと使い、

両開きのカーテンでも2~3倍のプリーツを
取ることをおすすめいたします。

 

【バランス(上飾り)】

 

◎ストレートバランス

 

フラットな形のシンプルなバランスです。生地の使用量が比較的に少なく
費用をおさえつつも豪華な雰囲気を味わうことができます。

 

 

◎変形ストレートバランス(裾カット)

基本的にストレートバランスと同じで、下部にカッティングを施すことによって
さらにバランスにアクセントを与えることができます。

 

 

 

 

◎三つ山バランス

三つ山バランスはバランスレールに固定されますので開閉はできません。
上部をギャザーテープでつまんだギャザーバランスも同様です。

 

 

◎スワッグバランス

スワッグを組み合わせて、サイドにテールをつけたバランスです。
クラシックスタイルの中でも、もっとも華やかで優雅なカーテンスタイルになります。
生地で曲線を描くことによってエレガントさが増し、優美な印象が強まります。
スワッグバランス付きのカーテンはお部屋のなかで一番アクセントが強くなりますので
生地の色、柄の選択は非常に大切です。

 

 

《レースの様々なスタイル》

◎センタークロス

ヒダをたっぷりとったカーテンを中央で少しだけ重ね合わせたスタイル。
L字型にレースフレンジやフリルをあしらうとデザインはキュートでやさしい雰囲気になります。
窓辺をやさしい光で包み込みます。

※掃き出し窓向きです。

 

◎クロスオーバー

ヒダをたっぷりとったカーテンを中央で1/3重ねて縫い合わせたスタイル。
ゆったりとした曲線が豪華に窓辺を演出します。
交差部分は縫い付けの一体縫製になりますので、開閉の少ない窓におすすめです。

 

※掃き出し窓向きです

◎バルーンシェード(共生地フリル)

ギャザーによるドレープの美しさ、昇降とともに変化するウェーブとフリルが魅力的なシェードです。
フェミニンなスタイルは、出窓、腰窓、掃き出し窓、どんな窓も華やかに装います。

◎セパレーツ(フリル付き)

フリルをあしらったカーテンをリボンタッセルでとめるスタイルです。
エレガントなデザインの連続は窓辺にやさしいリズム感をあたえます。

◎スカラップM型

裾の形がM型のスカラップスタイル。中央が少し開いているので、
外の景色を楽しめます。マクラメやフリルをあしらったデザインは
お部屋の中からも外からも美しく窓辺を演出できます。

※出窓、腰窓向きです。

◎アーチ型

裾の形がアーチ型のスタイルです。中央が開いているので、外の景色を
楽しめます。裾をお部屋の雰囲気に合わせて、共生地フリル、マクラメ、レースフレンジなどで
装飾するとワンランク上のコーディネートも可能になります。

※出窓、腰窓向きです。

 

メゾン・ド・マルシェでは、輸入クラシック家具専門店だからこそできる、

お客様のお部屋にぴったりなクラシックスタイルカーテンをご提案させて頂きます。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

SHOP
ショップ一覧