TOPICS

HOME > トピックス > ペルシャ絨毯の紋様、色彩の意味

ペルシャ絨毯の紋様、色彩の意味

 

絨毯の文様は、遊牧民族の「楽園」のイメージが

具象化されたもの。水や緑への憧れ、そして天上の美と

永遠の生命への願いなどが表現されています。

紋様や色彩、それぞれの持つ意味が組み合わさることで、

複雑で美しい、更なる奥深いペルシャ絨毯の世界を生み出していきます。

[代表的な意匠(絨毯の構図)]

メダリオン

絨毯の中心部に描かれることの多い、大きな

多角形の模様。メダリオンの細かいデザインは

絨毯ごとに違いますが、絨毯のデザインの要とも

言える文様です。

[ヘラティ]

ペルシャ語でマヒは魚という意味。ペルシャの

都市であるヘラート(現アフガニスタン)が文様の

発祥の地なので、ヘラティとも呼ばれています。

タブリーズの絨毯によく見られる文様

[ヘシティ]

長方形や正方形のタイルを並べたデザインです。

タイルの中には柳の木、糸杉、花、動物などが

繊密に描かれます。小さな庭園が絨毯の中に

いくつも存在するかのようで、庭園文様とも呼ばれています。

 

[メへラブ]

イスラム教徒の方々にとって特別な意味を持つデザイン。

両側に柱、その下に樹木や花瓶などが描かれた

イスラム教モスクの尖塔をモチーフとした文様です。

神聖なものとして祈祷用の絨毯に用いられています。

 

[シャーアッバス文様]

16世紀サファビー朝の王シャーアッバス

1世の名前に由来しています。

薔薇や百合、睡蓮などの花の断面図がモチーフ。

 

【エスリミ文様】

シャーアッバス文様の花々をつなぐ曲線。

ブドウの蔦屋、唐草等の植物がモチーフ。

 

神戸 雑貨

草花や小魚など、絨毯の文様のモチーフからは、

草原を駆け、砂漠に眠る遊牧民の豊かな緑と水への憧れを感じさせられます。

 

[色彩の意味]

● 赤 (太陽の色・健康・喜び・勇気)

青 (空や海の色・真実・平和)

白 (慈しみ・平穏・平和)

ローズ・ピンク (知恵・知性・神の英知)

オレンジ (大地の色・イスラム教僧侶の衣服の色で、神聖な色)

緑 (不死や不滅、再生や希望を意味する神聖な色)

黒  (予言者の上衣に使われる色、不滅、邪悪から守る)

 

 

神戸本店にて6月15日(土)・16(日)・17(月)

開催されるペルシャコレクション展では、

様々な産地の有名工房作品や、貴重な

アンティーク絨毯、お手頃価格なヴィンテージ

絨毯まで幅広くペルシャ絨毯を展示致します。

本場イランより来日された織り子さんによる

制作実演や、日本語ができるイラン人スタッフを

交えペルシャ文化に触れる事ができます。

是非この機会に、本物のペルシャ絨毯の

奥深い魅力をご体感ください。

 

 

SHOP
ショップ一覧

Top