TOPICS

HOME > トピックス > 英国陶器 Burleigh バーレイ

英国陶器 Burleigh バーレイ

バーレイ社は1851年に

William Leighによって設立され、

160年以上もの間、昔ながらの銅版転写方法と、

熟練した職人たちの技術や、

イギリスの豊かな自然を思い起こさせる

優美なデザインの数々で製品を生み出しています。

 

 

【英国陶磁器の里「ストーク・オン・トレント」】

 

バーレイ社(Burgess & Leigh)のある

英国陶磁器の里「ストーク・オン・トレント」は、

世界でも有名な窯どころの1つです。

燃料となる石炭と陶土の豊富さ、

陶器に適した豊かな土と気候に恵まれた地で、

17世紀より“陶器の街”として産業革命とともに発展してきました。

 

 

ウェッジウッドやミントン、

ロイヤルドルトンなどのそうそうたる有名ブランドもこの地で誕生しています。

 

・・・・・・・・・・

 

バーレイの食器は大英博物館のレストランでも使われ、

高級百貨店フォートナム&メイソンともコラボしており、

まさにバーレイはイギリス屈指の陶器メーカーと言えます。

 

《大英博物館レストラン  Great Court Restaurant》

 

《フォートナム&メイソン コラボ商品》

 

【Pink Asiatic Pheasants】

ピンクアジアティックフェザンツ

 

高麗キジと牡丹が描かれた上品で優しい絵柄と淡い色彩の

「アジアティックフェザンツ」シリーズのピンク。
1862年に発売されて以来、現在もバーレイの中でも

最もファンの多い代表的なパターンです。

《神戸本店に近日入荷》

 

 

【Blue Asiatic Pheasants】

ブルーアジアティックフェザンツ

 

高麗キジと牡丹が描かれた上品で優しい絵柄と淡い色彩の

「アジアティックフェザンツ」シリーズのブルー。
1862年に発売されて以来、現在もバーレイの中でも

最もファンの多い代表的なパターンです。

《神戸本店に近日入荷》

 

【Blue Regal Peacock】ブルーリーガルピーコック

 

1913年に国王ジョージとお妃メアリーの為に、

特別にお披露目された柄です。「鳥の王を選ぶ東洋のおとぎ話」にでてくる

優雅な孔雀をコバルトブルーで描いています。

 

近年ずっと生産されていませんでしたが、

バーレイファンのリクエストに応えて

2014年に復刻しました。
とても古い柄なので銅板も劣化しており、

この復刻にあたって彫り直されたそうです。

 

《名古屋店、那須高原店にて展示販売中》

《神戸本店に近日入荷》

 

 

バーレイ社のテーブルウェアは

一生大切に使えるテーブルウェアとして、

ギフトにもきっと喜ばれるお品です。

 

 

 

 

【神戸本店、名古屋店、那須高原店に展示販売中】

 

 

 

 

 

SHOP
ショップ一覧