TOPICS

HOME > トピックス > フランス高級家具「Ehalt」

フランス高級家具「Ehalt」

Ehaltは、アンティークスタイルの家具の製造に特化したメーカーです。
クルミ、チェリー、大理石などの高貴な素材から作られた高品質の家具を製作しています。

Ehaltの家具工場の歴史は1924年にアルザスの伝統的なデザインを専門とする

高級彫刻家であったチャールズ・エアト(Charles Ehalt)がニュードルフで自分のビジネスを開いたときまで遡ります。
始めは家族経営の企業でしたが、徐々に全国規模の家具工場になり、第二次世界大戦の終わり頃には、

リビングルーム、サイドボード、テーブル、ディスプレイケースなどを含むダイニングルームの完全なセットを提供することにより、非常に成功します。

1948年、息子のジャンピエールエハルトが事業を管理するようになり、

ルイ16世のスタイルの家具やアン女王やジョージ王朝様式の家具など、よりアンティークのデザインに特化したメーカーへとなっていきます。

ジャン・ピエールのデザインしたアンティークデザインは世界的にも大変好評で

1940年頃から1960年頃に作成された家具がヴィンテージアンティークとして売り買いされています。

 


フレンチルイ16世スタイルのマホガニーのサイドボード

Ehaltの工場と職人は、ローズウッド、チェリー、クルミ、オークなど、

あらゆる種類の仕上げや木材を扱うことに精通しています。
クラシックまたはコンテンポラリーを問わず、オーダーメイドのプロジェクトや

製品のリクエストに対応するために独自にデザインを図面に起こし様々家具を製作することができます。

Ehalのコレクションはフランスやイギリスのクラシックのデザインを基に様々なスタイルのシリーズを作成しています。

「320-611 ベッドフレーム ANGELIQUE」

アンジェリークのベッドルームシリーズは、

フランス産のチェリーウッドをベースに、クルミで装飾され、

貴重な木材の寄木細工が施されています。

飾りの部分は鋳造されたフレンチブロンズで装飾されています。

 


「320-610ドレッサー ELYSEE」

 

ダイニングルーム「エリゼ」のシリーズはルイ16世スタイルがメインです。
18世紀後期、フランスのルイ16世(在位1774~1792年)の時代の家具、

装飾などの様式で。左右対称、直線が主流となり、

古代ギリシア・ローマの影響を受けつつ軽やかで優美さが特色です。

古典的なモチーフがあしらわれ、家具の表面装飾は彫刻よりも寄木細工などに、そして脚は溝彫りされた先細りの直線脚などが特徴です。
フレンチチェリーで作られたエリゼコレクションは、ピンクとスミレ色の木の芸術的な寄木細工で装飾され、鋳造されたフレンチブロンズで装飾されています。

「310-762 サイドボード」

19世紀前半に流行したエンパイアー様式を基に作成されています。
古代ローマやギリシャ、エジプトの芸術に影響を受けているスタイルで、

シンメトリーで直線的、重厚で鮮やかなインテリアが多く作られています。
シンメトリーなデザインは扱いやすい物が多く能性にも優れた、優秀なインテリアです。
1815シリーズはフランスの無垢材のチェリー材を使用し、

クルミ材突き板で加工し寄木細工を施し、細工には青銅の錬鉄を使用しています。

18世紀を生きたフランス人の

” 美に対する飽くなき追求 “意匠に込められたその想いはエハルトにも宿っています。

創業80年を超える老舗メーカーですが、伝統的な家具作りの基本は頑なに守りつつ

クリエイターの自由な発想に任せたデザインを積極的に取り入れています。

「エハルト」フランスが誇る老舗家具メーカーは進化し続けています。

 

SHOP
ショップ一覧