TOPICS

HOME > トピックス > ボヘミアンガラス

ボヘミアンガラス

「ボヘミアンクリスタル(ボヘミアの水晶)」と言われることも多く、

現在はチェコ共和国の一部であるボヘミアやシレジア(シュレジエン)という地域で13世紀から生産されているガラスです。
高品質で、職人の熟練の技が際立ち、綺麗で革新的なデザイン性が、世界的に長年の歴史の中で認知されています。

 

ボヘミアンガラスの特徴

その特徴は『高い透明度』『硬度』にあります。ボヘミア地方にはブナの木が豊富にあり、

そのブナの木を燃やして生まれる炭酸カリウムを主に使用する事で
カリウム酸化物の含有量を多くしガラスの透明度と硬度を高めます。

ボヘミアンガラスは硬度が高く割れやすい為、製造が非常に難しく熟練した職人の技が活かされており

その透明度と美しい彫刻により世界屈指のガラス工芸品として名を馳せています。

ボヘミアンガラスの歴史

ボヘミアンガラスの歴史は、地方で発見された豊富な天然資源と共に始まりました。
チェコのボヘミアでは、その緑豊かな自然環境から、ガラスの原料となる珪石やるつぼ用の耐火粘土、

窯の燃料に使う木々に恵まれていました。
こうして、15世紀頃からガラスの生産が本格的に始まりました。
その職人たちの鍛錬、修行によってだんだんとガラスの品質をあげ、ボヘミアンガラスの知名度は
ルネサンス時代にその美しく色鮮やかなガラスで有名となりました。

ボヘミアンガラスの職人たちは、カリが石灰と結合すると透明で色の無いガラスになり、

イタリアから来たガラスよりも丈夫であることを発見し,
16世紀には、ボヘミアの水晶という言葉はその他の地域で生産されたガラスよりも品質が良いことを示すものとして、

長い歴史の中で広まっていったのです。

 

メゾンドマルシェではボヘミアンガラスの商品を多数展示販売致しております。

コーヒー&ティーポットセット ¥108,000-(税込)

 

ワイングラス  各¥11,000-(税込)

 

 

掲載商品は那須高原店、神戸本店にて展示販売中です。

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

SHOP
ショップ一覧