TOPICS

HOME > トピックス > クラシック家具に施された文様とその意味 Part2

クラシック家具に施された文様とその意味 Part2

今回は”クラシック家具に施された文様とその意味”

についてお伝えします。

 

実はクラシック家具の装飾や文様にも、西洋美術史や

音楽史のように歴史があります。前回は、

生命の木、アカンサス、ぶどう、いちごの4つの

模様について紹介いたしました。今回は他の文様と

それらが施されている家具や雑貨をご紹介します。

 

1ゆり
(デザインが発生した経緯とこれまでの生い立ち)
ゆりは、白さ、純潔を表し、聖母マリアの花と

言われています。また、両性的な意味を持っています。

一方でとても種類が多い花の為、1つの意味に限定

しづらい花でもあります。花形としては、

まだ開いていない花、長い筒状と大きく開花した花が

あり、上から覗いたものや、真横から見た形もあります。

主に模様が使われたのは、ゴシック以降の様式や、

アール・ヌーヴォーにおいてですが、古代オリエントや

クレタ等に始まっていたことから、古い歴史を持っています。

 

(本店で扱っている家具・雑貨)
アルフォンス・ミュシャによる、「花4部作」より<ゆり>の

作品がモチーフになった家具を紹介致します。

メゾンドマルシェ神戸本店 3階にて展示

 

2 バラ
(デザインが発生した経緯とこれまでの生い立ち)

文様としてのバラは、花そのものと、とげのあるつる草の

2つによって描かれ、バラの2面性を表しています。

ゴシック以降の様式で用いられ、ゆりと同じく、

聖書の聖母マリアの花でもあり、ギリシャの

女神アプロディデー(ヴィーナス)の花でもあります。

美しい花はいばらによって守られています。

バラの花単体においては、はじめシンプルな

円形でしたが、しだいに花弁が複雑に重なり

巻いていくような、現代でもよく見られる花形に

発展していきました。キリスト教において、バラと

十字がよく組み合わされるのは、バラ十字が

永遠の世界を意味する為です。

 

(神戸本店で扱っている家具・雑貨)

メゾンドマルシェ神戸本店 3~5階にて展示

 

3 馬
(デザインが発生した経緯とこれまでの生い立ち)

馬は日本人にとっても馴染みがある動物では

ないでしょうか。馬のイメージそのものだけ

ではなく、馬の装飾としての馬具(くつわ、鞍、あぶみ等)

も独自に発展してきました。走る姿も美しく、

馬車を引くことや、人を乗せる2つの仕事をする為、

馬車と乗馬という2つのシーンで描かれることもあります。

ギリシャやケルト以降の様式で主に使われ、

現代においても、動物の中で最も馴染み深い模様、

モチーフの一つになっています。

 

(神戸本店で扱っている家具・雑貨)


メゾンドマルシェ神戸本店 3階にて展示

 

4 ステンドグラス
(デザインが発生した経緯とこれまでの生い立ち)

ステンドグラスは12世紀から15世紀の

ゴシック様式の時代に華やかに展開していきました。

ステンドグラスは、いわばゴシック芸術の中心

とも言えました。形態的な魅力や、物語絵としての

絵画製において魅力があり、今でも人々を

魅了しています。光とガラスによって、更に

美しく輝きます。代表的な建築物では、フランスの

ノートルダム大聖堂や、ストラスブール大聖堂の

バラ窓において、ステンドグラスも使われております。

光を灯し、癒やしを与えるステンドグラスを

日常に取りれてみてはいかがでしょうか。

 

(神戸本店で扱っている家具・雑貨)

 

メゾンドマルシェ神戸本店 3階階段にて展示

 

いかがでしたか。家具を見る新しい視点を

皆さまに分かって頂ければ幸いです。

是非、暮らしの中にヨーロッパの歴史が

詰まった家具を取り入れてみてはいかがでしょうか。

上記以外にも、メゾンドマルシェでは、

豊富なクラシック家具・雑貨を取り扱っております。

私達が家具選びのお力になれれば幸いです。

 

LINEやお電話でも接客させて頂いています。

コロナ対策万全で皆様のご来店を心よりお待ちしております。

※ 参考文献『ヨーロッパの装飾と文様』

海野 弘 2013 株式会社 パイ インターナショナル

p.136,138-139,168, 218-219

 

 

 

SHOP
ショップ一覧

Top