TOPICS

HOME > トピックス > バカラ ― Baccarat ―

バカラ ― Baccarat ―

Baccarat(バカラ)について

フランス東部のロレーヌ地方にある小さな村バカラ。

1764年にルイ15世の認可を受けてクリスタルガラスの製造を始め、1823年のパリ国民博覧会では、

その高い透明度と巧みなカット技術に人々の評判が集まり、金賞を受賞しました。

以来、ルイ15世をはじめとする多くの王侯貴族に愛用され、その名は不動のものとなりました。

 

 

バカラの職人たちは、250年以上もの間、完璧さを追求し、その類まれな才能と情熱によって、

物質を憧れの対象に変容させてきました。

職人が技術を習得して、彫刻のように無限な、クリスタルの性質を操れるようになるには、15年間かかると言われています。

今日、バカラは、フランスのどのラグジュアリーグランドよりも多くの

「M.O.F.(フランス最優秀職人)」の称号を得た、最高の職人たちを輩出しています。

 

バカラ (Baccarat)は、フランスのクリスタルのラグジュアリーブランド。

16区イエナ大通り界隈エタ=ジュニ広場にあるバカラの美術館やブティック、

レストランバー等が併設されているバカラ・メゾン・パリの他、パリ8区のフォーブール=サントノレ通り本店等の店舗があります。

30%の酸化鉛を含むクリスタルガラス製品を製造するメーカーとして、世界的に有名で、

製品は日本・アメリカをはじめ世界中で販売されています。
製造された商品のうち消費者の手に渡るのは6~7割。残りは品質基準の高さゆえに破棄されてしまいます。
ルイ18世を皮切りにフランス王室はもちろん、イギリス王室・ロシア皇室などのヨーロッパの王室はもちろん、モロッコ王室・タイ王室、さらに日本の皇室までも、バカラを注文しています。特に1921年、当時皇太子であった昭和天皇は、旅行でパリのバカラショップを訪れています。
商品は、テーブルウェア(各種グラス・デキャンタ等)はもちろん、

アクセサリー・花瓶・香水瓶・置物・シャンデリアなどに及びます(時に噴水を作ったこともあったそうです)。

 

歴史

1764年 フランス王ルイ15世により、ロレーヌ地方のバカラ村にガラス工場設立が許可される。
1816年 初めてクリスタルガラスを製造
1841年 現在まで続く「アルクール」シリーズが誕生する。
1896年 ロシア皇帝ニコライ2世から特別注文を受けて、ウォッカ用グラスを含む豪華なグラスセットを納入する。
1948年 米国支社をニューヨークに設立する。
1964年 創設200年を記念した展覧会が、ルーブルで開催される。
1979年 現在まで続く「マッセナ」シリーズが誕生する。
2003年 「メゾン・バカラ」が移転開館。

 

バカラの製品は神戸本店にて展示販売中です。

SHOP
ショップ一覧