TOPICS

HOME > トピックス > BITOSSI イタリア製 陶器

BITOSSI イタリア製 陶器

歴史あるイタリアの陶器ブランド BITOSSI

1921年イタリアトスカーナ州でグイド・ビトッシにより設立された陶器工房「ビトッシ」。

1946年、アルド・ロンディをアートディレクターとして迎え、職人的手法を上手く取り入れました。

2004年からは、アルド・ロンディの功績を称え、彼が1950~1970年の間に
デザインした作品を限定生産するプロジェクトが始まりました。

近年は世界中のデザイナーと共に、伝統の中にも革新的なデザインを感じさせる作品を世に送り出し続けています。

 

 

 

 

ALDO LONDI

1911年イタリア、フィレンツェ生まれ。2003年没。11歳より陶器製造所にて働き始める。

第二次大戦中、南ア・ヨハネスブルグで強制収容所の囚人の身ながら、

陶器の作業所を作り制作に没頭。その後、様々な国を旅し、各地で制作を行うだけでなく、陶芸学校の設立に貢献することもあった。

ミラノのトリエンナーレや国際手工芸品展示会など国内外の展覧会に出品。

ファエンツァ国際陶器博物館や英国王室コレクション等にも多数の作品が収蔵されています。

 

 

RIMINI BLUE

1946年から製作に加わったアルド・ロンディにより作り出されたリミニ・ブルーコレクション。

機能性と幾何学模様をもちいた美しさを持つ、世界各地でコレクションアイテムとして人気があるシリーズです。
イタリア語で、深みのあるアドリア海のような青を表す「BLU」と、
そのアドリア海を一望できるイタリアの街「RIMINI」が名前の由来となっています。

アドリア海を思わせる深いブルーのと、幾何学模様が作り出す美しい濃淡は、見る角度によって様々な表情を見せてくれます。

窓際などの日の光に当たる場所に飾っていただくと、その美しさが際立ちますのでおすすめです。

 

1950年代初頭、アルド・ロンディの創案によってリミニ ブルーは誕生しました。
素材や製造方法など何度も改良され、

現在のビトッシ製品の8割以上は白粘土を使用して制作されていますが、

1950年代、同社のあるトスカーナ地方で採れる土のほとんどが赤土だったため、当時のビトッシ社の陶器には主に赤土が使用されていました。

 

表面のゴツゴツした表現は、耐火煉瓦を手で細かく砕いて赤土に混ぜることで生まれます。
また、白いマテリアルを下塗りすることで赤土でも後に塗るクリスタルブルーがきれいに発色するよう工夫が施されていました。

 

BITOSSIの商品は、メゾン・ド・マルシェ那須高原店にて展示販売中です。

SHOP
ショップ一覧